しみ専科クリニカルエステ花蔵

花蔵について

社長メッセージ

クリニカルエステ花蔵は、お陰様をもちまして2017年に24周年を迎えることができました。これもひとえに、ご愛顧いただいております多くのお客様のお陰と存じ、あらためて御礼申し上げます。

創業当初、現在本店のある周囲は田んぼばかりで、エステティックサロンの存在がどこか違和感すら感じられるほど、のどかな風景でした。今ではそれも懐かしい思い出です。お陰様をもちまして、現在では埼玉県下に7店舗を展開するところまでまいりました。
花蔵は現在もこれからも、地元に根付いた、地域に愛されるエステティックサロンを目指してまいります。

共に栄え、共に美しく  詳しく読む

女性にとって、肌トラブルはとても深刻な問題です。素肌に自信がもてないだけで、性格までも後ろ向きになる女性は少なくありません。
特に日本人女性には、シミを気にされ、悩まれている方が多くいらっしゃいます。花蔵の創業者自身がシミで悩んだ経験から、同じ悩みをもつ女性のお力になりたいと願い、さまざまな肌トラブルの中でも、特にシミケアについて長年に渡って追究してまいりました。

「物心共に自立する女性を応援する企業であり、『美』を通して社会に貢献いたします」
これは花蔵の経営理念です。女性がいつも明るく元気で、心も身体も豊かで健やかであってほしい。そのために「美」を提供することが、わたくしどもの使命だと信じております。

また、わたくしはエステティシャンの人財育成を何よりも大切に考えております。エステティシャンとしての知識や技術はもちろんですが、経営理念にあるように、まずはスタッフ自身が「物心共に自立する女性」であろうと努力してほしいと思っています。
「美」は、外面的なものだけではありません。エステティシャンという仕事を通して、夢や目標をもち、人として自己成長をし、心を磨く……。心を磨くことで、人に優しくなれたり、人の気持ちを理解できたり、人に与えることができるようになると思います。
エステティシャンは、お客様のお悩みを自分のこととして本気で受け止められる人でなければなりません。
そして、エステティシャンとしての誇りをもっていなければなりません。自分に自信がなく、仕事に誇りをもてないエステティシャンに「美」を語られても、説得力などないからです。
「美」を提供する者として、まずは自分自身の心を成長させることが、わたくしは大切だと考えております。

共に栄え、共に美しく

女性にとって、肌トラブルはとても深刻な問題です。素肌に自信がもてないだけで、性格までも後ろ向きになる女性は少なくありません。
特に日本人女性には、シミを気にされ、悩まれている方が多くいらっしゃいます。花蔵の創業者自身がシミで悩んだ経験から、同じ悩みをもつ女性のお力になりたいと願い、さまざまな肌トラブルの中でも、特にシミケアについて長年に渡って追究してまいりました。

「物心共に自立する女性を応援する企業であり、『美』を通して社会に貢献いたします」
これは花蔵の経営理念です。女性がいつも明るく元気で、心も身体も豊かで健やかであってほしい。そのために「美」を提供することが、わたくしどもの使命だと信じております。

また、わたくしはエステティシャンの人財育成を何よりも大切に考えております。エステティシャンとしての知識や技術はもちろんですが、経営理念にあるように、まずはスタッフ自身が「物心共に自立する女性」であろうと努力してほしいと思っています。
「美」は、外面的なものだけではありません。エステティシャンという仕事を通して、夢や目標をもち、人として自己成長をし、心を磨く……。心を磨くことで、人に優しくなれたり、人の気持ちを理解できたり、人に与えることができるようになると思います。
エステティシャンは、お客様のお悩みを自分のこととして本気で受け止められる人でなければなりません。
そして、エステティシャンとしての誇りをもっていなければなりません。自分に自信がなく、仕事に誇りをもてないエステティシャンに「美」を語られても、説得力などないからです。
「美」を提供する者として、まずは自分自身の心を成長させることが、わたくしは大切だと考えております。

弊社スタッフは、喜んだり悲しんだり泣いたり笑ったり、感情豊かなスタッフばかりです。初めのうちは自分に自信がなく、自分なんて…と感じているスタッフも少なくありません。しかし、仕事を通して目標をもち、努力を積み重ねることで、それを自信へと変え、どんどん輝いていきます。
わたくしは、スタッフが成長し、輝いていく姿を見るのが嬉しくてたまりません。
エステティシャンという仕事に誇りをもち、エステティシャンとしても女性としても、生涯輝き続ける……。世の中に誇れる、そんな人財を数多く育成していくことが、わたくしの最大の喜びであり、使命だと感じております。
そして、わたくし自身も、人として経営者として、スタッフとともに自己を磨く努力をしようと日々奮闘しております。

創業から24周年を迎え、花蔵スタッフ一同、決意を新たにしております。「美」を通して一人でも多くの女性のお力になれるよう、花蔵はこれからも邁進してまいります。女性が輝く明るい未来に向かって……。

代表取締役社長プロフィール

代表取締役社長プロフィール

【略歴】

2007年 株式会社エルピスの取締役教育部長に就任
2010年 取締役副社長に就任
2012年 代表取締役社長に就任
以来、従業員約50名を牽引し、埼玉県下7店舗のエステティックサロンを経営する傍ら、
一般社団法人エステティックグランプリ理事としての活動を行う。
第3期エステティックグランプリ広報委員長
第4期エステティックグランプリ広報・スクール担当常務理事
第5期エステティックグランプリ教育企画担当常務理事
第6期エステティックグランプリ委員会統括副理事
第7期エステティックグランプリ未来企画担当室常務理事

花蔵本社

【講演経歴】

・エスグラ地域勉強会(東京・名古屋・大阪・仙台・岡山)にて、エステティシャン・エステオーナー向けに講演
・2013年ダイエット&ビューティー(東京ビックサイト)において、メインステージ出演
(ソシエ・ワールド須藤社長、マミ・レヴィ氏との3人でエステサロン女性経営者のパネルディスカッション)
・セブンエステ講習会にて、エステティシャン・エステオーナー向けに講演
・エスグラスクール担当常務理事として、未来のエステティシャン育成のため、全国の専門学校での講演活動を多数行う
・埼玉県市議会議員桶本大輔氏後援会「女性の会」にて、特別講師として美容知識について講演
・船井総合研究所東京本社にて「皮膚科クリニックのための実践的美容医療活性化セミナー」のゲスト講師として、花蔵での実際に行っている取り組みや、美容クリニックとエステティックサロンの融合によるお客様への結果だしについて講演

自身も一児の母であり、その経験から女性の自立、働く女性を応援する企業を目指しており、「美」を通して未来に、そして社会に貢献することをモットーとしている。

花蔵のポリシー

1992年から、「花蔵」は“シミ専科”のエステティックサロンとしてシミケアを追及してまいりました。特化することで、シミについての深い知識と、シミケアへの高い技術を育んできました。

「お客様にご満足いただくために」

この理念のもと、一人ひとりのお客様に真摯に向き合い、最高、最良のトリートメントと心からのおもてなしで、期待を超える感動を提供するサロンであり続けたいと思っております。