しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

5才得するお肌ケア!

ちょっとしたことですが知っていると知らないとでは大きな差がでるお肌ケアがあります。簡単なことですが続けることで実感することができますのでぜひ試してみてください。

1 洗顔の方法

朝の洗顔を冷たい水で行ってはいませんか?また、夜のお風呂で熱いお湯で洗顔してはいませんか?このふたつの行動はお肌に刺激を与えるため控えた方がよい方法です。冷たい水や熱いお湯で洗顔すると一時的な気持ちよさを得ることができますが、長期的に考えるとお肌に負担をかけている行動です。冷たい水は毛穴を引き締めるため毛穴の奥の汚れや皮脂が落ちにくくなります。また熱いお湯は毛穴をたるませてしまうため同様に毛穴の奥の汚れが落ちにくくなるのです。洗顔を行うときは人肌程度のぬるま湯(35~37℃)が適温です。

洗顔料はよく泡立ててから使いましょう。手のひらを下に向けて落ちない程度のしっかりと泡立てたものを使いましょう。最近では、あらかじめ泡タイプになっている洗顔料もあるため便利になっています。出来上がった泡は肌の上を転がすように洗いましょう。お肌に手のひらが当たらないくらいにやんわり洗う感じです。しっかりと泡立っていれば毛穴の奥の汚れまで浮かせて落とすことができます。洗顔の時にもお肌に無駄な負荷をかけないことが肌ストレスの軽減につながり、シミやシワのないお肌へのステップでもあります。

洗顔後は柔らかいタオルで「拭かずに吸わせる」ことが大切です。拭くという動作は少なからすお肌をこする動作につながります。必要以上の刺激はお肌ストレスとなりますので押し当てながら水分を吸わせることをおすすめします。

2 化粧水はたっぷり使う

洗顔後はできるだけ早く保湿を行いましょう。シミやシワの大きな原因のひとつに乾燥肌があります。保湿効果の高い化粧水、美容液などをたっぷりめに使うとよいですね。方法としては意見が分かれるポイントがあります。それはコットンを使うか使わないか…という点です。コットンを使った場合にはコットンが吸う分の液の量が多いという意見、手でパッティングすると手が吸収する分が多いという意見です。どちらにしてもお顔の肌が吸い込む量が減るのであれば、手に吸収された方がどちらも潤ってよいのでは…と考えます。

共通していえることは「たっぷり使う」「こすらない」ということです。手を使った場合必要以上に塗り込むという動作は滲み込ませるようであって、実は負荷を与えているにすぎません。手を使うのであればお顔全体を包み込むようになじませるという方法がおすすめです。

3 乾燥はお肌の大敵!

乾燥肌は紫外線をはじめとして、いろいろなダメージを受けやすくなっています。乾燥が進むとその防御反応として過剰な皮脂分泌を促すこともあります。これらの反応はお肌の老化につながるため、乾燥予防を行うことが健康なお肌を維持するポイントです。

4 バランスのよい食事

近年、過度のダイエット、単品ダイエットなどにチャレンジする方が増えています。確かに一時的に体重が減り、ぱっと見のスタイルは改善されるかもしれません。しかしそのダイエット方法によってはお肌のバランスがくずれボロボロになることもあるため注意が必要です。良質のたんぱく質、ビタミンなど、どれかに偏ることなくバランスよく摂取することが大切です。

5 十分な睡眠

お肌のためには十分な睡眠が必要です。ただ寝ればいいというわけではなく、質の良い眠りであることが大切です。特に、夜の「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれる22時から2時は成長ホルモンが活発に分泌される時間であるため、できるだけ体を休めることがよいとされています。

6 隠れシミ対策

突然現れるシミやそばかす…気づいたときには「こんなひどかった?」と感じることも。ある日、気づいてしまうシミやそばかすはそれまでお肌の奥に隠れていた「隠れシミ」が表面化したものです。突然現れたように感じますが数か月かけて潜んでいたシミのもとが表にでてきてしまったのです。皮膚の層の奥に受けたダメージは蓄積されます。シミのもとは常に作られ、お肌のターンオーバーとともに表面へと押し上げられます。このときにシミのもとになる組織の数が少なければ色素として認識されませんが、ある一定量を超えると肉眼でも見えるようになります。常に生まれているシミのもとですが、日常的に紫外線対策を行っていると作られる量を減らすことができます。日ごろから日焼け止め対策を行うことと抗酸化作用のある食べ物を積極的にとることで隠れシミを増やさないということができます。

いかがですか?普段のケアに少し意識を向けることで変えることができることは多いのです。こんなことで?と思うかもしれませんが、ちょっとした心がけで数年後も若々しいお肌を維持することができればステキだと思いませんか?