しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

妊娠中にできるシミの原因とは?

幸せの瞬間とも言える妊娠期。
この妊娠期は、女性にとってさまざまな変化が訪れる時期でもあります。赤ちゃんが大きくなることでの体形が変化することだけでなく、
・ 毛が濃くなってしまう。
・ 髪の毛が抜けやすくなってしまう。
・ 鼻水やくしゃみがよく出るようになる。
など、感じる変化は人ぞれぞれでしょう。
中でも「シミが増えた」などのお肌トラブルは、女性なら誰もが悩む変化かもしれません。
これから母になるとは言え、まだまだ女性らしくキラキラしていたい!とお考えの方も多いでしょう。
では、妊娠中にできてしまった「シミ」は産後になくなるのでしょうか?

原因の一つはホルモンバランスの変化

妊娠をきっかけに
「今までは肌トラブルがなかったのに、突然シミができた」
「既にあるシミがなんだか濃くなったような気がする…」
こんなお悩みを抱えていらっしゃるかたはいませんか?
妊娠中にシミが増えたと感じる原因は、妊娠することによって「ホルモンのバランスが今までとは変わった」こと。
このシミは、「妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)」というシミの一種で、
名前に「妊娠性」と付くくらいですので、出産後にホルモンバランスが今まで通りに整うと、自然と消えていくことが多いシミです。

妊娠中のシミの原因

しかし!
いくら「産後は消えていくだろう」と思っていても、紫外線を受け続けるとどうなるでしょうか?
答えは「NO」です。
産後にホルモンバランスが元に戻ったときでも、消えてくれません。

紫外線を受け続けると、通常のシミと同様に肌の細胞は壊されますので、色素が濃くなってしまい、色素沈着を起こし、消えないシミになってしまう可能性があります。

妊娠中にシミができないようにするにはどうすればいいの?

ホルモンバランスが変わってしまうことは、自分でどうすることもできないので、他の内容でカバーするしかありません。
それには、
・日焼け止めの使用や、日傘、UV対策の衣類を着用するなどの「紫外線対策」をする。
・睡眠時間が短いとホルモンバランスがより乱れる原因に。そのために十分な睡眠時間を確保する。
・シミの予防効果や肌の老化防止などの効果が期待できるビタミンCを積極的にとるようにする。
などの方法があります。
このようなシミ予防対策は、妊娠中だけでなく日頃からおこなえる方法です。
普段から心がけていくことも大切ですね。

出産後のシミケア

まとめ

ホルモンバランスが原因でできるシミ、「妊娠性肝斑」。産後、ホルモンバランスが整うと自然に消えていくことが多いようですが、「消えるから」という安心感は禁物!
シミを増やさないためにも、UV対策や睡眠時間を確保するなどの対策は必要です。
日頃から意識してシミ対策を取り入れ、産後に「老けたね」なんて言われないように注意しましょう!