しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

顔が痒い!その原因と対策は?

特に目立った肌トラブルはないのに顔が痒いということはありませんか?顔にあらわれる肌トラブルはいろいろありますが、その中でも顔の痒みというのは、なかなかつらいものです。顔の痒みの原因はいくつもありますが、その原因と対策を知ることで悪化を避けることができます。今回は顔の痒みの原因と対策について説明します。

顔が痒くなる原因は大きく3つあります

原因1 肌の乾燥
顔の肌トラブルの多くは、お肌の乾燥が原因です。乾燥することによってその他のさまざまな影響を受けやすくなります。汗をかいたり、衣類が触れたりするだけでも痒みが増えることもあります。また、いつもと同じスキンケアを行っても刺激になり痒みを感じることがあります。

原因2 アレルギー
痒みの原因としてアレルギー反応があります。化粧品などの成分による痒みや食べ物などのアレルギーだけでなく、日光、ダニ、ハウスダストなどでも痒みを感じることがあります。アレルギーによる痒みの場合は一度病院を受診してみましょう。何に対するアレルギーかを明確にすることで症状を抑え、発症を最小限にすることができます。

原因3 ストレス
日常的なストレスからバランスが崩れ、肌が乾燥しやすく痒みを感じることがあります。お肌の乾燥対策や、アレルギーを調べても改善しないときにはストレスのことがあります。

顔の痒みの対処法は?

乾燥が原因による痒みの場合は十分な保湿を行うことが大切です。保湿成分の入った美容液やクリームなどを肌のキメにそって使うのがポイントです。年齢とともにお肌のキメは乱れ、重力に従って下にたるんでしまいます。そのためケアをするときには下から上へという動きを意識して行うとよいでしょう。お肌にゆっくり伸ばしたあとは手のひら全体でプレスするように抑えると体温が加わり浸透しやすくなるといわれています。間違ってもこすったり、パッテングで叩いたりするのはやめましょう。

生活習慣を整えることも大切です

バランスのよい食生活を心がけましょう。緑黄色野菜に含まれる各種のビタミンはお肌のために大切な成分です。外食時にも野菜を加えることを意識するだけでも違ってきます。また、十分な睡眠をとるようにしましょう。

顔の痒みの原因はいくつもあり、人によってはいくつかの要素が加わっていることもあります。日常の生活を整えても症状が変わらないときには専門の病院、皮膚科を受診することをおすすめします。