しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

間違ったシミ対策していませんか?

きれいな肌の方がよく言う言葉に「特別なことは何もしていないんです」とあります。これは、ある意味当たっている言葉だと考えます。普段「お肌のために」と思って行っていることが必ず市もよいとは言えず、かえってシミを悪化させていることがあります。当たり前のことを当たり前に行うということが必要です。まずは自分自身のスキンケアを見直してみましょう。

美白化粧品でシミは薄くなる?

答えから言えば「No!」です。美白化粧品は「お肌を白くすること」を目的として作られています。「シミをなくすこと」ではありません。シミをなくさないのに何故白くなるの?という疑問がここで残ります。CMや広告の片隅に「※マークの注釈」が書かれているのを見たことはありませんか?そのほとんどは「※美白効果とは、メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防ぐこと」「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」と書かれています。これは薬用化粧品(医薬部外品)における美白表現のルールによるものです。できてしまったシミやそばかすをなくすというのは「治療」とみなされます。つまり「今後、シミができる可能性を減らす」効果を期待するものということで、今あるシミに直接的な効果はありません。長期的な意味で考えるとシミを作りにくいお肌にするという表現が近いかもしれません。

メラニン色素の生成を抑えても大丈夫なの?

ここで、美白化粧品の期待できる効果である「メラニンの生成を抑える」という働きについて、矛盾点に気づいた方もいるのではないでしょうか?メラニン色素は「表皮細胞がバリアを作る」「肌細胞への直接的なダメージを減らす」という大切な働きを持っています。メラニン色素の生成を抑えることで、お肌のダメージは強くなり紫外線の影響を直接受けてしまうことがあります。特にお肌の弱い方、白い方は注意が必要です。美白化粧品すべてが悪いわけではありませんが「美白化粧品を使っているから大丈夫」ということではないということです。

自分の肌に合った美白ケアを選びましょう。

美白化粧品は医薬部外品として定義されています。美白成分はその効果によっては刺激が強く、化粧品への使用量が制限されているものもあります。美白成分として知られているもののうちいくつかをご紹介します。自分のお肌の状態にあったものを選ぶようにしましょう。

メラニン生成を抑制する:アルブチン、エラグ酸、プラセンタエキス
メラニン色素の沈着を防ぐ:トラネキサム酸
抗酸化作用:ビタミンC誘導体
メラニンを薄くする:ハイドロキノン