しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

美肌とダイエットが期待できるチアシード…食べ方を間違えると逆効果に

世界のトップモデルが紹介したことで有名になったスーパーフードのなかにチアシードがあります。口コミで人気が高く実際に試してみた結果…あまり効果を実感できなかったと感じた方も少なくないはず。美容にいいと話題のスーパーフードですが、摂り方を間違ってしまうと効果がないばかりか逆効果になってしまうものもあります。

チアシードって?

原産はメキシコからグアテマラにかけての地域です。チアというシソ科の植物の種で、水分を含むことで10倍以上に膨らむという性質を持っています。美肌効果とダイエットを期待できるスーパーフードとして有名になりました。含まれる成分は美肌作りに欠かせない成分である、カルシウム、ミネラル、必須アミノ酸を含んでおり、ひとつの食品で摂取できるという意味では優れた食品のひとつです。コラーゲンの生成に必要な鉄も含まれています。また、α−リノレン酸を豊富に含んでいる食物のひとつです。老化を促す活性酸素という物質を除去する抗酸化作用を持っており、皮膚のしわやたるみを予防してくれる成分です。このα−リノレン酸…人間の身体に不可欠な必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸のひとつです。つまり一種の油ということです。同様にオメガ3脂肪酸を多く含むものに亜麻とエゴマがあります。

どの効果を期待するかで食べ方が違う

チアシードに期待できる効果は大きく美肌とダイエットに分類されます。チアシードの1日の摂取量の目安は15g、乾燥状態で大さじ1杯、これで50kcalです。この量にレタス2個分の食物繊維を含んでいます。
美肌効果を期待するのであればしっかりと噛むことで成分を多く吸収することができます。しかし前述のとおり、油の一種(植物性油)ですからカロリーに気を付ける必要があります。ダイエット効果を期待するのであれば、噛まずに摂取することで満腹感を得ることができ、食事量の減少や便秘の改善につながります。

食べ方を間違えると便秘になることも…

1日分、大さじ1杯のチアシードでレタス2個分の食物繊維を含んでいますが、食べ方を間違えるとかえって便秘になることがあります。噛んで食べる場合も噛まない場合も共通するのは「しっかりと戻してから」使うことです。通常、チアシードは水分を含むと10倍以上に膨らみます。ホワイトチアシードの場合14倍以上にもなるといわれています。大さじ1杯のチアシードと大さじ10杯以上の水で12時間以上浸水することで十分に膨らませることができます。浸水が十分でない場合、胃のなかの水分を吸って膨張します。その結果、便として排出されるときに硬くなり便秘となってしまいます。きちんとした摂取の方法をすることで効果を期待できます。

いつごろ効果が現れる?

ダイエット効果は早ければ2週間程度で効果が現れる方もいます。しかし、食物繊維を取っているから~といつも通りや、いつも以上の摂取カロリーになってしまった場合はもちろんのことながら効果は現れません。美肌効果については、お肌のターンオーバーサイクルが約1か月であることを考えると2~3か月は継続することが大切になるでしょう。