しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

第7の栄養素「ファイトケミカル」って何?美肌との関係は?

近年、身体の内側から整える自分磨きのワードのなかに「ファイトケミカル」という言葉があります。なんとなく健康的な食品のイメージをもっている方や、「ケミカル」という言葉に不安をもつ方などさまざまです。実はこの「ファイトケミカル」はアトピーやアレルギー、肌荒れなどとも深い関係をもつ成分だということが分かっています。ここではファイトケミカルとは何か?お肌との関係性についてお話します。

ファイトケミカルって何?

英語で“phytochemical”と書き、「フィトケミカル」と読むこともあります。“phyto”はギリシャ語で「植物」、“chemical”は英語で「化学成分、化学物質」という意味です。直訳すると「植物性化学成分」となります。化学成分というとなんだか不安になる言葉ですが、この場合は、野菜や果物など植物性食品の色素や香りなどの成分から発見された化学物質を意味します。

一度は聞いたことあるファイトケミカル

ファイトケミカルというと耳慣れない言葉、目新しい言葉のように感じます。しかし実際にはとても身近なものが含まれています。美肌やアンチエイジングと密接な関係にあるポリフェノールもそのひとつです。トマトやパプリカに含まれるリコピン、ニンジン、カボチャに含まれるβカロテンなどのカロテノイドもファイトケミカルです。その他に唐辛子の辛み成分で有名な「カプサイシン」、ゴマに含まれる「セサミノール」など分かっているだけでも数千種類になると言われています。

ファイトケミカルの役割

5大栄養素「タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル」、第6の栄養素「食物繊維」、そして第7の栄養素として「ファイトケミカル」が注目を浴びています。現在分かっているファイトケミカルのほとんどがもっている効果として「抗酸化作用」があります。人が生活をする上で必要なものに「活性酸素」があります。生命を維持するために必要なものですが、ストレスや紫外線などのダメージによって必要以上に酸化が進みます。これが身体のサビ(老化)として細胞にダメージを与えてしまうのです。お肌に現れる症状としてはシミやしわなどがあります。ファイトケミカルは必要以上のサビの除去に有効な「抗酸化作用」をもっているため若々しい細胞の維持のために大切なのです。

毎日の食事で少しずつでも取り入れましょう

健康な食事のために毎日300gの野菜を…といわれています。その量は無理だとしても数種類の野菜を継続して毎日摂取することが大切です。香りのよいもの、色とりどりの野菜であればなおよいです。「赤、黄、緑、紫、白、黒」の6色の野菜を意識して摂取するとバランスよく食べることができます。