しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

知っておきたい更年期とお肌の関係

多くの女性が不安になる「更年期」という言葉。なんとなく月経が終わる前後の年齢40代後半から50代の女性なら気になる言葉です。この時期はホルモンバランスの変化で様々な症状が起こりますが、そのひとつに肌状態の変化があります。具体的にどのような変化があるのか、対応策はあるのかということについてお話します。

ホルモンバランスとお肌の関係

女性のライフサイクルを考える上で大切な関わりのあるホルモンに「エストロゲン」があります。卵巣機能の発達とともに分泌が増え30代半ばにピークとなります。40代後半から分泌量は徐々に減り閉経をむかえます。エストロゲンは一部で美肌ホルモンといわれ肌のハリやツヤに密接な関係をもっています。更年期以外では月経前にも減りますので20代~30代の方でも肌荒れや吹き出物などの肌トラブルを感じることもあります。

更年期肌のサインはこれ!

更年期の肌はホルモンバランスの変化によりハリやツヤが減ったと感じる方が多いようです。具体的にはいつものスキンケアでは乾燥肌が改善されない、肌のざらつき、ごわつきがある、くすみやシミ、小じわが増えたなどがあります。また、お肌のヒアルロン酸量が減ることからたるみが目立つようになります。その状態を放置すると「般若顔」になってしまします。

更年期肌の予防と対策

更年期の肌トラブルの大きな原因はホルモンバランスの変化ですが、これに関しては身体の変化によるものなので直接的に関わることの難しい問題です。最近ではエストロゲンに似た成分を含んだサプリメントなどもありますが、体質や、既往歴によってはリスクを伴いますので積極的な摂取はおすすめできません。更年期の肌トラブルに対して体の内側からの対策としてはビタミンやたんぱく質を含んだバランスのよい食事をとるということが大切です。お肌のバリア機能が落ちていますので、肌触りのよいコットンやシルクなどの衣類で必要以上の負担をかけないということも大事です。お肌の乾燥予防のための保湿をしっかりと行いましょう。10代や20代と同じ化粧水やボディシャンプーは必要以上にお肌の油分を洗い流してしまうため注意が必要です。

更年期はホルモンバランスが変化することで様々な体の不調を起こしてしまいますが、しっかりと対策をしてのりきりましょう。