しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

知っておきたい成分の話~パラベンって何?

最近「パラベンフリー」の美容液やクリームなどを見かけることが多くなりました。「フリー」という言葉だけで何やら安全なのではないかと思ってしまう人もいるようです。本当にパラベンフリーは安全なのでしょうか?知っているようで、実はあまり知らない成分「パラベン」についてお話します。

パラベンって何?

多くの化粧品、美容液、クリームなどの製品に含まれている「パラベン」は防腐剤の一種です。「パラオキシ安息香酸~」という表示をされている成分がパラベンです。多くの種類がありますが、防腐剤の中では比較的刺激の少ないものだといわれています。表示指定成分に指定されているため、少なからず目にしたことがあるのではないでしょうか?

「表示指定成分=悪」という考え方

表示指定成分というと体に良くない成分だというイメージを持つ人は少なくありません。確かに少なからず影響があることもあります。しかし実際にはいろいろな成分でアレルギー反応を起こすことがあり表示指定成分以外の成分でもかぶれなどの症状があらわれることがあります。「表示指定成分=悪」という考え方は必ずしも正しいわけではないのです。

パラベンフリーは本当に安全?

お肌のためにパラベンフリーを選ぶ人はどのくらいいるでしょうか?パラベンフリーの商品を否定するわけではありませんが、正しい使い方を知らなければかえってお肌のストレスになりかぶれなどの炎症かシミなどの原因となることがあります。パラベンフリー、防腐剤無添加などの表示のある商品自体が悪いわけではありません。使い方を間違えるとトラブルのもとになるということを知っていただきたいのです。パラベンが悪いわけでも、パラベンフリーが安全というわけでもありません。使い方を間違えると、どちらもお肌トラブルの原因となってしまいます。

無菌室で作っているから大丈夫!という言葉に惑わされないで…

無菌室などの完全に菌をシャットダウンしている工場で作られているため製品そのものは菌がなく安全だと思います。問題なのは「あなたが手にした瞬間から」です。開封されるまでは無菌状態です。(※製品によって開封までの安全保持期間が指定されていることもあります)しかし開封した瞬間に菌は容器の中に入り込んでしまいます。防腐剤が入ってないため、一度容器の中に侵入した菌は無制限に繁殖が可能となります。数日もたてば菌がたっぷりと繁殖したクリームを顔全体に塗り広げることになるでしょう。

パラベンフリーを安心して使うために

前述しているとおり、すべての成分においてアレルギーが発生することは防ぐことはできません。人それぞれの細胞レベルで対応できる範囲に限りがあるからです。無添加、パラベンフリーを効果的に使うためには大切なことがあります。そのひとつができるだけ小分けになっている製品を使うことです。一度開封をしてしまうと少なくとも2~3日での使い切りが限度です。冷蔵庫保管をしても1週間前後が限度だと思います。それぞれの製品ごとに使い切りの期間が指定されているものもありますが冷蔵庫保存が条件になっているものがほとんどです。スプレータイプ、ドロップタイプなど、直接肌につけずに出せるタイプであれば約2か月を目安にしているものもあります。

パラベンをはじめとした防腐剤が悪いわけではありません。またパラベンフリーの製品も使い方を間違えるとお肌トラブルの原因となり必ずしも安全とはいえなくなってしまいます。いずれにせよ、きちんと「使い方」をチェックして使用するようにしましょう。トトラブルの原因は製品ではなく「自分」にあるかもしれません。