しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

疲れてる?ちょっと気になる目の下のクマ改善法

「ちょっと疲れが…」「眠れなくって…」そんな翌日決まってあらわれるのが目の下のクマ。それがあるだけで5才以上老けて見られることもあるくらい女性にとっては深刻な問題です。目は口ほどにものをいう…といわれるほど目元の印象は第一印象を変えてしまいます。ここでは目の下にできるクマの原因と対応についてお話しします。

目の下のクマの種類

青クマ:血行不良などが原因
茶クマ:色素沈着などが原因
黒クマ:肌のたるみなどが原因

目の下のクマの見分け方

目尻を軽く横に引っ張ってみましょう。
色が薄くなる→ファンデーションを塗ると色が薄くなる:青クマ
色が薄くなる→ファンデーションを塗っても色が変わらない黒クマ
色が変わらない→ファンデーションを塗ると色が薄くなる:茶クマ

青クマとは?

静脈の色が青く透けてみえているクマです。そのため皮膚を引っ張ると色が薄くなります。目の下は皮膚がとても薄いため静脈が血行不良で停滞しているときには色が見えることがあります。これが青クマの原因です。血行不良が原因のクマですので血行を促進することで改善するのがこのクマの特徴です。体を冷やさないよう、温めた飲み物や、体を温める食べ物、半身浴など血行改善することが効果的です。眼精疲労、睡眠不足などでもあらわれることがあるので日ごろから心掛けることが大切です。

茶クマとは?

茶クマができる大きな原因はメラニン色素の沈着です。目元は皮膚が薄いため、いろいろな刺激を受けやすく、また反応が出やすい場所のひとつです。紫外線による日焼けやお肌に合っていないスキンケア、目元をこするなどの日常的な行動がもととなりシミやくすみができてしまったのが茶クマという症状としてあらわれます。茶クマの改善方法は、他の部位のシミと同じような方法が有効的です。メラニン色素の排出にはお肌のターンオーバーを促すことが必要なので栄養バランスのよい食事、睡眠がおすすめです。また新たなシミのもとを作らないための日焼け止め、美白対策を行いましょう。

黒クマとは?

黒クマができる原因は肌のたるみや皮膚のへこみです。加齢とともにおとずれるお肌の変化のひとつで、年齢を感じてしまう症状です。この黒クマの改善にはお肌のたるみをなくしハリを取り戻すことが必要です。外側だけからではなく内側から働きかけなければ改善しにくいのがこのクマの特徴です。最近よく聞く「セラミド」や「コラーゲン」といった成分が効果的だといわれています。ただ、これらの成分は摂取したからといってどの程度お肌にいきわたるかがわかっていません。しかし、年々体内から衰えていく成分ですので、日ごろから積極的に食事に取り入れていきたい成分です。