しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

生まれつきのシミって消える?消えない?

生まれつきのシミって消える?消えない?

生まれつき大きなシミがあることをコンプレックスに感じている方はいらっしゃいませんか?生まれつきあるシミやあざはいくつかの原因があります。早くケアを行うことで改善することもあります。ここでは生まれつきあるシミやあざについてどのようなものがあるか、その対策についてお話します。

生まれつきあるシミの種類

生まれつきあるシミは大きく2種類に分類されます。ひとつは赤ちゃんのお尻にできる蒙古斑です。原因ははっきりと分かっていませんが一説にはメラニンによるものだと考える医師もいます。この蒙古斑は日本人の場合9割以上にみられ10歳前後には自然に消失するものです。この蒙古斑がお尻以外にできた場合は異所性蒙古斑といわれます。色の薄いものであれば年齢とともに消えていくものもありますが濃い場合は大人になっても残ることがあります。
もうひとつは、茶色の扁平母斑や青色の太田母斑です。こちらはメラニンの異常発生と沈着によるものだということが分かっています。太田母斑は特に女性にできやすく、思春期以降に目立つようになるため精神的に負担となることが多いようです。

先天性のシミは消すことができる?

生まれつき(先天性)あるシミのうち、お尻にできる蒙古斑は自然と消えることが多いため治療の対象とならないことがあります。それ以外のシミについては治療の対象になることもありますが保険適応と適応外の治療があり、効果も確実なものではありません。最近では色素を薄くするためのクリームを使って治療することもあります。
メラニン(メラノサイト)色素の沈着によるシミに対してはレーザー治療が有効なとこがあります。皮膚科や形成外科、美容クリニックなどで対応することができます。子どもさんの治療に対してはクリニックによって施術可能としている規定がありますのでご相談ください。

生まれつきあるシミ…コンプレックスの一因ともなります。できるだけ早い時期に対応することで改善することもあります。シミの状況によっては別の病気(レックリングハウゼン病)の症状であることもあります。ただのシミ、されどシミです。気になることがあればぜひご相談ください。