しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

気を付けよう!意外とやっている肌ブス習慣!

ここ数年の間に目にする機会の増えた「肌ブス」という言葉…肌の乾燥やニキビといった肌トラブルによってお肌が荒れている状態のことをいいます。お肌の油分量が減ってくる20代後半、つまりアラサー世代の方でもこの肌ブス状態が訪れていると考えられています。お肌の状態は第一印象にもつながります。乾燥肌やニキビのない健康なお肌のために大切なことをお話ししましょう。

アラサー女子に多い「乾燥」と「ニキビ」

アラサー世代の女性のお肌の悩みで多いのが乾燥とニキビです。一見すると全く反対のお肌の状態のように見えますが、この二つは実は密接な関係にあります。ホルモンバランスの変化や季節による温度変化、環境の変化によりお肌は常にストレス状態にあります。お肌の曲がり角を過ぎた状態の女性にとってオフィスの空調はダメージの原因のひとつです。冬場の暖房&乾燥だけでなく冷房の冷気によってもお肌の乾燥はすすみます。バリア機能の落ちたお肌にとって乾燥は天敵です。乾燥がすすむことでお肌のターンオーバーが崩れてしまい古くなった角質が正常に排除されないことで毛穴につまりニキビの原因となるのです。

乾燥ニキビ状態…お肌のケアはどうすればよい?

お肌の状態が変化する乾燥ニキビ状態…今までの生活の常識では乾燥=保湿、ニキビ=油分を取るというケアをしがちですが、アラサーの女性のお肌は乾燥によるニキビであることも少なくありません。この場合のスキンケアは「保湿」を行いお肌のターンオーバーを正常にする必要があります。このケアを間違えると、さらに乾燥がすすみ、シミやしわができやすいお肌へと進行してしまいます。

乾燥ニキビを防ぐには?

肌ブスに見えてしまう乾燥ニキビ肌…防ぐためには角質層までしっかりと届く保湿効果のあるものを使いましょう。また乳液やクリームでしっかりとふたをすることでさらに浸透効果を期待できるものもあります。最近ではオールインワンタイプのスキンケア用品も多くでていますが、お肌の状態によっては、化粧水、乳液と二段階のケアを行ったほうがよいこともあります。

お肌の状態は、デパートなどの化粧品売場や美容クリニックなどでチェックすることができます。自分のお肌の状態を知り、お肌の状態に合わせたスキンケアを行うことで肌ブス状態から脱出することができます。