しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

果物の摂取が裏目になる?お肌ケアの新常識

お肌のためにビタミンがよいということはみなさんがご存じだと思います。反面その摂取の方法によっては逆効果になることがあります。

以前「美白のためにきゅうりパック&レモンパックはよい?」でご紹介したソラレンという成分や光毒性といった反応はシミやくすみの原因となります。ここではさらに詳しくお話しましょう。

紫外線の強くなる季節は要注意!

春から夏にかけていろいろな果物が店頭にならびますね。お肌によいからと果物を摂取することは悪いことではありません。ただ、食べるタイミングを少し変えたほうがよいものがあります。

午前中は控えたほうがよいもの

紫外線が強くなる朝から午後にかけて控えたほうがよいものはソラレンが多く含まれたものです。体内で吸収され、どの程度の反応をするかは個人差がありますが、食後2~7時間くらいはその成分が体内にとどまるといわれているため注意が必要です。

ソラレンが多く含まれる果物には、オレンジ、グレープフルーツ、キウイ、レモンなどがあります。体内で吸収される成分と、摂取するときに皮膚についた成分の両方でシミをつくるリスクがあります。他にも、かおりの強い葉物野菜やハーブ類、セリ科の野菜、キュウリ、セロリ、パクチーにも多く含まれていますので控えたほうがよさそうです。

野菜と果物

午前中に食べるなら…

ソラレンの少ないものは朝から食べても大丈夫です。リンゴ、イチゴ(ベリー系全般)、バナナ、アボカドなどは果実の中でもソラレンの少ないものや含んでいないものです。また、トマト、赤ピーマン、カボチャ、ブロッコリー、キャベツ、レタスなどは同様に少ないか含んでいないものです。朝食やスムージーをつくるときの材料におすすめです。

最近はやりのグリーンスムージーですが、朝はホウレンソウやカボチャ、リンゴ、バナナ、ベリー系で、夜はパセリやセロリ、レモンやオレンジなど柑橘系を使ったものなど時間によって使い分けをしてバランスよく摂取することをおすすめします。