しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

女性ホルモンの変化で増えるシミ

女性ホルモンの変化で増えるシミ

女性は月経や妊娠、出産といった経験をしたときにシミが増えていると感じることがあります。シミの変化には女性ホルモンが大きく関与しているため、ホルモンバランスの変化する時期にはシミが増えることがあります。今回は女性ホルモンとシミの関係についてお話しします。

女性ホルモンとシミの関係

実は女性ホルモンの変化がシミに及ぼす影響について、そのメカニズムがはっきりと解明されていません。ただ、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンにシミの原因となるメラニンの生成を促進する働きがあるといわれています。メラニンの生成が活発になると日焼けしやすくなったりシミができやすくなったりします。このプロゲステロンは生理前に分泌されるため、生理前の時期はお肌の調子が整わないと感じる方もいるようです。

女性特有のシミ「肝斑」

30~40代の女性によく見られるシミに肝斑があります。左右対称の頬に広範囲でできるため気になる方も多いのではないでしょうか?こちらもプロゲステロンの分泌が関係しているシミのひとつだといわれています。妊娠中や加齢により現れることの多いシミです。女性ホルモン以外にもいくつかの誘因があると考えられています。

気になる肝斑に対するケアは?

肝斑は女性ホルモンだけでなく紫外線などの影響もあるため、一番のケアは紫外線対策です。お肌の乾燥もダメージを受けやすくなるため保湿も大切です。最近では肝斑に有効な成分として、トラネキサム酸やハイドロキノンという成分があります。

女性ホルモンが原因と考えられるシミですが、シミを悪化させる原因はそれだけではありません。毎日のケアをつづけなければ次第にシミの原因となるお肌ダメージは蓄積されていきます。皮膚科でしか処方されていない薬もあります。
専門の皮膚科、美容皮膚科で対応していますので気になる症状はご相談ください。