しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

冬の肌は、過酷な環境に!上手な手入れの方法って?

「なんだか肌が乾燥ぎみだな…」

冬シーズンになると、鏡の中に写る自分をみて、そんな思いを抱かれたことはありませんか?
春夏秋冬と季節がめぐることで、気温が変化し、肌のコンディションも変わって当然。
その季節に応じて上手にお手入れしないと、肌トラブルが増え、コンディションも格段に悪くなってしまいます。

では、冬シーズンにはどのようなお手入れを取り入れると良いのでしょうか?
以下にまとめてみました。

【冬の肌の状態って?】

まず、冬の肌状態を考えてみましょう。

冬は、気温が低いため毛細血管が収縮してしまい、血行が悪くなる傾向があります。
そのため、酸素や栄養分の供給がうまくいかず、肌の新陳代謝が通常のように行われなくなる可能性が!
さらに汗や皮脂の分泌量が減ってしまうことも肌には良い影響とはいえず、水分・油分ともに少ない状態となってしまうのです。水分・油分が減ってしまうと、皮脂膜と呼ばれる「天然の肌クリーム」が不足しがちに。この天然の肌クリームは、乾燥や刺激から肌を守るために大変重要な役割を担っているため、肌荒れの原因になってしまうのです。

そこへ暖房による影響がおそってきます。暖房のために室内は乾燥しがちです。空気が乾燥することでは、肌から潤いを奪ってしまうので、肌にとって乾燥も良い影響とはいえません。このような負担が肌にかかってしまうことで、老化に拍車がかかってしまい、冬のお肌の状態は、四季の中で最も悪い状態なのです。

■ 入念に保湿対策を!

まず、「いかに保湿するか」が大切なポイントです。

肌にトラブルが起きる大きな原因の一つに「肌の水分不足」があげられます。先ほどご紹介したように、冬は、乾燥や暖房の影響によって水分が不足値しがち。この水分をどのように補給するかがキーポイントでもありますね。十分な水分がとれていない状態が続くと、シワができてしまったり、肌にハリがなくなってしまったり、など、肌の老化にもつながってしまいます。

そうならないためにも、化粧水などでたっぷりと水分を補給することが大切です。化粧水は水分補給や保湿成分を補給する役割だけでなく、クリームを塗布する前に皮膚をやわらかくしてくれる効果があります。また乳液などともなじみやすくしてくれる効果もあるので、使用されることをおすすめいたします。

化粧水で水分・保湿成分をおぎなった後は、油分もしっかり補給しましょう。乳液やクリームを使用することで、水分や保湿成分だけでなく、油分もしっかり含んでいるため、天然の皮脂膜と同じように肌を守ってくれます。潤いのベールができ、水分がなくなることを防いでくれますよ。また、年齢が上がるとともに皮脂膜の分泌量は減ってしまいます。
「いつまでも若い!」と思わず、年齢に応じて肌ケアの方法を変えていくことも大切なのかもしれませんね。
なんだか肌が乾燥ぎみ

■ マッサージを取り入れる

つぎに、マッサージを取り入れ、肌の血行促進をはかることが大切です。適度なマッサージにより、肌の血行が促進され、新陳代謝をサポートできるという結果につながります。

冬は、気温の変化などから血行が悪くなりがちなので、栄養の供給がうまくいかず、新陳代謝が乱れがちに。この新陳代謝は、肌を再生するという大切な役割だけでなく、その過程で肌の潤い成分も作られるため、新陳代謝の乱れは、肌の老化や乾燥にもつながってしまう最悪な状態となってしまうのです!

このようなことを防ぐためにも、適度にマッサージをお顔に施し、血行を促進しましょう。マッサージはクレンジングの際に施すことがオススメの方法です。ツメなどで肌を傷つけないように気をつけましょう。たまにするのではなく、毎日少しの時間でもおこなうほうが良いです。

もちろん、ニキビなどができてしまっている部分やほてりがあれば、その部分は控えてください。肌への適度なマッサージは、冬に有効なお手入れの方法といえますが、他のシーズンにおいても役立つ方法なので、日常的に習慣づけることも大切なポイントになるでしょう。

いかがでしょうか。
今から寒さも本番の時期も、寒さをピークに感じる時期も、思っている以上にお肌は刺激を受けています。季節に応じたお手入れを取り入れ、寒さに負けないキレイなお肌を手に入れてくださいね。