しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

トマトは朝に食べるとイイって本当?

トマトは朝に食べるとイイって本当?

お肌のためによいといわれている食品はいくつかありますが、トマトもそのひとつです。せっかくなら効果的に摂取したいものです。ここではトマトに含まれる成分と効果的な摂取方法についてお話します。

トマトがお肌によいといわれる理由とは?

トマトに含まれている成分の中でお肌によいとされているのが「リコピン」です。トマトの赤い色素はこのリコピンの色素の色です。このリコピンは強い抗酸化作用をもっており老化や生活習慣病の原因となる活性酵素を除去するという働きがあります。お肌に対しては紫外線からお肌を守り保水力を維持、高めるという働きをもっています。ビタミンCやβカロテンなども含まれており、美肌作りのためには必要な食品のひとつとしてあげることができます。
その他にも悪玉コレステロール(LDL)の酸化防止機能があり一時期は「夜トマトダイエット」なども流行しました。

トマトはいつ食べるのが効果的?

食品によって、時間帯による吸収量の差があります。某社の研究の結果、トマトの含まれるリコピンは夜よりも朝に摂取するほうが、吸収率が高いことが分かっています。そのことからお肌のことを考えるのであれば「朝トマト」がよいと考えられるようになりました。

効果的にリコピンを吸収するために必要なことは?

通常、ビタミンを含む食品の多くはできるだけ熱処理などの加工をしないほうが、成分がこわれることなく摂取することができます。しかしトマトに含まれているリコピンは加工したほうが、吸収率が高くなることが分かっています。例えば、一日に必要なリコピンは生のトマト2個を食べる必要がありますが、トマトジュースの場合には1本弱の量で充分です。色の薄いものより真っ赤に完熟したトマトのほうが含まれているリコピンの量が多いため、生で摂取するときには完熟したものを選ぶようにしましょう。ミキサーなどで細かく粉砕することで細胞壁がこわれ、リコピンを吸収しやすくなります。
またリコピンは脂溶性であるためオリーブオイルなどの油分とあわせ加熱することでも吸収率をあげることができます。温かいトマトスープ、雑炊などがおすすめです。

ここではお肌によいとされているトマトの成分「リコピン」と効果的な摂取方法についてお話しました。しっかりと吸収して効果を期待するのであれば吸収率のよい朝の時間と、吸収率アップの方法でチャレンジしてみましょう。トマトは朝に食べるとイイって本当?