しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

スーパーフードとお肌の関係:アンチエイジング

近年、モデルや芸能人の間で流行している「スーパーフード」。スタイルのいいモデルやお肌のキレイな女優さんが食べているのを見ると、ついついよさげに見えてチャレンジしている方は多いのではないでしょうか?反面、なかなか効果が現れずにやめてしまっている方もいると思います。この「スーパーフード」にはどんな効果が期待できるのでしょうか?お肌のアンチエイジングとの関係と合わせて考えてみましょう。

スーパーフードって何?

海外において食事や栄養を考える医師や専門家のなかで有効成分を多く含む食品について使われるようになった言葉です。他の食品よりも有効成分が多いものや、ある特定の成分だけ突出して多い食品で、健康食品とサプリメントの中間のような存在として紹介されるようになりました。また歴史や文化的な背景を合わせて定義づけや基準が決められています。

スーパーフードの種類

海外で話題になったものにアサイーやマキベリー、チアシード、タイガーナッツなどがあります。また、日本の伝統食品をスーパーフードとして推奨する動きも始まっています。

お肌のために期待される効果:アンチエイジング効果

アサイー:ブラジル原産のヤシ科の植物。1㎝ほどの小さな実ですが、食べることのできる部分は5%ほどしかありません。豊富なポリフェノール、鉄分、アミノ酸などを含んでいます。良質なアミノ酸を多く含んでいるため基礎代謝のアップと、ポリフェノールの抗酸化作用を期待できる食品です。シワやシミ対策として効果を期待することができます。ジュースやスムージーなどで摂取するのが一般的です。コップ1杯程度が(粉末なら3g前後)が㏠量の目安です。
マキベリー:チリ南部のパタゴニアにしか自生していないマキという植物に実る果実で、直径が6mm程の小さな実です。ポリフェノールはアサイーの5.4倍だといわれています。力な抗酸化作用があり、活性酸素の増加を抑える働きを持っています。アンチエイジングのためには必要な成分のひとつです。アントシアニンには紫外線を吸収する働きがあり、シミやしわ改善の効果が期待できます。国内では粉末状のマキベリーが流通しています。スムージーに入れたり、ヨーグルトに混ぜたりすることで食べやすくなります。