しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

シワができる本当の理由を知っていますか?

ふとした時に気づくお顔のシワ…他人からは見れば目立たない、気にならない小さなシワでも女性にとっては年齢を感じさせる嫌なものです。美容液を変えたり、コンシーラーを使ったり、ファンデを厚く塗ってみたりと一生懸命に隠したくなるものです。年齢とともに現れてくるものだと割り切ってしまうとそのまま放置されさらに進行してしまうことも…。きちんと現実をみてシワの悩みを解決しましょう。そのためにはシワについて知ることも大切なことのひとつです。

シワって何?

シワとは、老化現象のひとつとしてお肌に現れる症状です。一言でシワといってもいくつかの原因、誘因があり、複合的な結果として現れることもあります。CMでは年齢化粧品としてシワ対策の商品が数多く紹介されていますが、本当に効果があるのでしょうか?

シワの種類

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織という3つの層から成り立っています。さらに、表皮は角質層・顆粒層・有棘層・基底層の4つの層に分かれています。この表皮と真皮の状態になんからの原因が生じたときに発生するのがシワです。
小ジワ:表皮の機能低下によって発生するもの
深いシワ:真皮の機能低下によって発生するもの
そのほかに急激な痩せによるものや、皮膚のたるみ、筋肉の動きによってもシワができることがあります。「笑いジワ」と表現される目元や口元のシワがそれにあたります。

表皮の機能低下によって発生するシワの原因

表皮の機能低下によって発生するシワは日常のスキンケアで改善、維持することができます。早めに対応することでできてしまったシワを改善することができることもあります。小ジワ、ちりめんジワといった細かいシワの原因は水分の不足が大きな原因です。加齢や紫外線などでダメージを受けたお肌は水分保湿能力が低下していますので乾燥しており、さらにダメージを受けやすくなっています。そのためこのシワに対してはうるおい成分の入った美容液などのスキンケアが有効です。

真皮の機能低下によって発生するシワの原因

真皮の機能低下によって発生するシワはコラーゲンの減少・エラスチン不足などが原因です。真皮は、コラーゲン繊維とエラスチン繊維などできめの細かいスポンジのような状態を作っています。この隙間にヒアルロン酸などの高保湿成分などが存在することでお肌の弾力感を維持しています。この構造か崩れることで深い部分のシワが作られます。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分を補充できれば改善するのですが、製造・販売されている製品の多くは粒子が大きく外から付けただけでは真皮まで届くことが少ないのが現状です。