しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

エイジングケアの3か条

シミやシワの気になる年齢…少しでも若々しいお肌を維持するためにいろいろなケアを行っているのではないでしょうか?ケアの中にはお肌の老化を進めてしまう間違ったケアや自己流のケア、年代に合っていないケアがありますので注意が必要です。ここでは、お肌のエイジングケアに必要な3つの条件についてお話しましょう。

お肌はよい食習慣から作られる

お肌のエイジングケアを考える上で大切なのは食習慣の見直しです。アンチエイジング=抗老化のためには健康な体と食習慣が大前提となります。まずはお肌によくない食習慣を見直すことから始めてみましょう。
「孫は優しい」=まごは(わ)やさしい
「孫子は優しいよ」=まごこは(わ)やさしいよ
「にたまごは(わ)やさしいよ」
健康のために必要な食材の最初の文字を分かりやすくしたものです。提唱者によって多少言い方は異なりますが共通するのは「まごはやさしい」です。それぞれの食材は以下のとおりです。

に:肉
た:たまご
ま:豆類
ご:ごま
こ:米(なるべく玄米)
は:わかめ(海草類)
や:野菜
さ:魚
し:しいたけ(キノコ類)
い:いも類
よ:ヨーグルト(発酵食品)

良質のタンパク質(植物・動物・魚)、と野菜・根菜類、発酵食品に含まれる乳酸菌などをバランスよくとりましょうということです。またタバコやアルコールは効果を減らしてしまいますのでできるだけ控えましょう。特にタバコはお肌に必要なビタミンCを壊す働きを持っていますので注意が必要です。
食事バランス

質のよい睡眠を心がけましょう

お肌のゴールデンタイムという言葉を聞いたことがあると思います。今までは夜22時〜深夜2時が定説となっていましたが、現代の生活では、その時間帯の睡眠は難しくなってきています。最近では入眠後3〜4時間という説を唱える方も出てきています。実際、入眠後3〜4時間の時間帯は成長ホルモンが分泌されやすいというデータも出ており、寝付いてから3〜4時間しっかり質のよい睡眠をとることが必要ということになります。

継続した適度な運動をしましょう

軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。継続して行うことで新陳代謝が高まり身体の内側から健康になることができます。1日30分程度、週3日程度から始めて、継続することが大切です。正常で健康なお肌のターンオーバーはシミやシワ対策には不可欠です。

エイジングケアに早すぎるということはない!

お肌の成長が終わる20歳代を超えるとあとは老化の一途をたどります。エイジングケアに早すぎるということはありません。シミやシワのない若々しいお肌を維持するために今できることから始めてみましょう。