しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

インスタ映えするカラフルサラダで残暑を乗り切ろう!

今年の流行語にもなっているインスタ映え…実はインスタ映えは美肌のためにもおすすめです。一般的においしいと感じる食事は「茶色いもの」が多いのですが、インスタ映えを意識するとバランスのよい食事になります。今回はインスタ映えを意識したカラフルな美肌サラダで残暑を乗り切りましょう。

残暑の時期のお肌の状態

暑い夏を乗り切ったお肌はいろいろなダメージを受けています。この時期のお肌ケアをどのようにするかが秋から冬のお肌の状態を左右します。しっかり日焼け止めや紫外線対策をしたつもりでもシミのもとはお肌の奥で出番を待っています。汗で毛穴が開いていたり、吹き出物やシワができやすかったりと、いろいろなトラブルが目につくようになります。
夏の紫外線や、冷房による乾燥ダメージを受けたお肌は、お肌の健康を取り戻すためのケアが必要です。美肌作りのために必要な栄養素はなによりもバランスがよいことが大切です。

残暑のお疲れ肌を改善するために必要なもの

ビタミンA:皮膚や粘膜の健康維持に必要です。
ビタミンC:色素沈着を抑える効果が期待できます。
ビタミンE:血行促進効果があります。
このビタミンACEを含んだ食材にかぼちゃがあります。今回はかぼちゃを使った美肌のためのサラダレシピをご紹介します。

レシピ:かぼちゃのカラフルコロコロサラダ

インスタ映えを意識するなら黄色、赤、緑の野菜をバランスよく使うのがポイントです。ここではビタミンたっぷりのかぼちゃをメインに組み合わせていきましょう。
黄色い野菜:
かぼちゃ(ビタミンACEが豊富)
赤い野菜
トマト(赤い色素成分リコピンは強力な抗酸化作用をもっています)
赤パプリカ(抗酸化効果・新陳代謝UP、疲労回復作用)
緑の野菜
ブロッコリー(約200種類以上も含まれるフィトケミカルは、アンチエイジングに効果的)
きゅうり(美白効果のあるビタミンC、抗酸化作用が期待できます)
アボガド(食べる美容液といわれる食材、豊富なビタミンABCEが含まれています)
自分の好きなドレッシングを準備しましょう。

作り方

それぞれの野菜を1~2㎝前後にサイコロカットします。
かぼちゃはレンジで2分加熱します。
ブロッコリーは子房にわけて軽くゆでます。

インスタ映えを意識した盛り付け例

〇下ごしらえした野菜を軽く混ぜ合わせガラスの器に盛り付ける
〇大皿にレタスやベビーリーフを広げ混ぜ合わせた野菜を盛り付ける。
〇お皿の上にそれぞれの野菜を盛り付ける(コブサラダのイメージ)

お好きなドレッシングを食べる直前にかけましょう。

アーモンドやくるみなどのナッツ系があれば軽く砕いてトッピングに使うと違う食感が加わりさらにおいしくなります。アーモンドには豊富なビタミンB、Eを含んでおりニキビ肌の改善や美肌のためには摂取したい栄養素です。

すべての食材を使う必要はありませんが、カラーを意識しながら食材選びをすることでバランスよく栄養素を摂取することができます。ぜひ、インスタ映えを意識しながらバランスよい食事で残暑を乗り切りましょう。