しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

どのくらい知っていますか?~コエンザイムQ10のお肌への効果

どのくらい知っていますか?~コエンザイムQ10のお肌への効果

近年、お肌に効果がある成分としていろいろなものが紹介されています。コエンザイムQ10は2001年に食品として配合することが可能になった成分です。海外では20年以上も前からサプリメントとしてその効果を認められています。何と無く聞いたり、ハンドクリームや栄養補助食品の成分として聞いたりしたことがある方もいらっしゃると思います。ここではコエンザイムQ10のシミやしわなどお肌への効果についてお話します。

コエンザイムQ10は細胞を活性化する補酵素です

コエンザイムQ10はもともと人間の体内に存在している補酵素のひとつです。炭水化物や脂肪などの栄養素から細胞に必要なエネルギーを作るときの助けを行う役割を担っています。また抗酸化作用をもっている成分でもあります。多くのエネルギーを必要とする心臓、脳、肝臓に多く分布しています。免疫システムにも関係しており、体外から入ってくる異物に対する細胞の働きを活発にしてくれるため、人の体に欠かせない成分です。

年齢とともに体外から補う必要があります

加齢とともに生成が少なくなるため、不足分を体外から補う必要があります。多く含まれている食品は牛や豚などの肉類やいわしなどの青魚、ピーナッツなどのナッツ類です。減少を食い止めるためには6匹程度のいわしや、950g前後の牛肉を必要としますが、その量を取り続けることは困難です。そのため毎日少しずつ継続することや栄養補助食品などで補う必要があります。

皮膚にも含まれるコエンザイムQ10

表皮と真皮に10:1の割合で分布しているコエンザイムQ10 ですが、こちらも加齢とともに成分量が減ります。また心臓など重要な臓器で必要としていることもありお肌に補充される量も必然的に減ってきます。お肌に使うことのできる成分として認可されたのは2004年です。少しでもお肌から吸収されシミ・しわ対策として若々しさを保つことを期待されています。コエンザイムQ10 は粒子が大きくお肌から浸透するためにはナノレベルまで細かくする必要があり、いろいろな会社で研究がすすめられています。直接肌に塗ることができるため肌の活性化をすることができ、シミやしわの少ないハリのあるお肌を目指すことができます。

せっかく効果を期待される成分であっても吸収されないのであれば意味がありません。シミやしわなどお肌の悩み改善のためには成分の吸収率なども知っておくとより効果を実感できると考えます。