しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

たるみ対策のコロコロ美顔ローラーは効果あり?

一世を風靡したコロコロする美顔ローラー、一度は目にしたことがあるという人は多いのではないでしょうか。気になるお顔のフェイスラインをコロコロするだけでシェイプアップ効果があらわれるというもの、何かをしながらできるという手軽さから使ったことのある人もいるでしょう。効果は実感できましたか?この美顔ローラーは使い方を間違うとシミやたるみの原因となることもあります。たるみ対策のために始めた美顔ローラーで「たるむ」というのはどういうことでしょうか?ここでは美顔ローラーの効果や間違った使い方について説明します。

美顔ローラーとは?

家庭用美容マッサージ器の一種でお顔のフェイスラインの引締め効果を期待するというものです。各社からいろいろなタイプの製品が販売されています。期待される効果としてはほうれい線の解消かリフトアップ効果、血行促進やデトックス効果などがあります。表情筋を刺激することで柔らかくし、また周辺のリンパや血液の流れをよくすることでフェイスラインがすっきりするとされています。

やりすぎは肌トラブルのもと?

実際に手にして使ったことのある方もいらっしゃるでしょう。しっかりと取扱い説明書を読んで使い始める方も使い慣れるうちに次第に自己流になりがちです。美顔ローラーは効果がない!シミが増えた!かえってたるみが目立つようになった!という経験はないですか?そんな方は知らず知らずのうちに自己流に間違った使い方をしていることが多いようです。

長時間コロコロはシミのものです

マッサージや洗顔などスキンケア全般にいえることですが、刺激を繰り返し与えることでお肌本来の防衛反応が働きます。この防衛反応によってメラニン色素の生成が活性化されます。お肌を守るための反応ですが、このメラニン色素が増えるとシミの原因となります。使用する時間や回数は機器によって異なりますので守るようにしましょう。

強い力でのコロコロはたるみのものです

一見すると強い力でのコロコロは深いところにある筋肉にも届きそうな感じがします。しかし実際にはお肌表面を傷つけ、真皮層にある編み状に張りめぐらされたコラーゲンとエラスチンの繊維をぷつぷつと切ってしまう可能性があります。この繊維はお肌のハリや弾力を維持するために大切なものです。必要以上に強い力をいれてのコロコロはおすすめできません。

家庭で気軽にできる美顔器として人気の美顔ローラーですが、使い方を間違えるとかえって症状を悪化させてしまうことがあります。きちんと指示された用法、回数を守るようにしましょう。