しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

たるみ予防のために直すべき5つの生活習慣

お顔のたるみ…年齢とともに訪れる避けることのできない症状だと思っていませんか?でも実際には同じ年齢でもお顔のたるみの状態には差があります。同年代の女優さんと比べれば雲泥の差と感じる方もいるでしょう。「お金かけてるんじゃ?」と思うかもしれません。でも実際には、身近な友人との付き合いや、同窓会に出席してもその差を感じるというのが現実です。同じ年代でもたるみがある人、少ない人がいます。その差はどこから生まれるのでしょうか?

たるみをつくる5つの悪習慣

たるみの原因は加齢による反応が大きいですが、その他に生活習慣が大きく関係しています。同じ年齢でも差があるのはこの生活習慣の違いによるものがあります。

1 片側だけで噛む

食事の時に片側だけで噛んでいませんか?片側だけで噛むと、噛んでいる方の筋肉は緊張をしますが、使っていない方は筋肉を使う回数が減るため左右非対称のバランスとなります。このことがたるみの原因になることがあります。食事の時は意識して両側をバランスよく使うように心がけましょう。

2 口呼吸をする

口呼吸をすると、唇のまわりにある口輪筋や、口角を上げる働きのある大頬骨筋などの筋肉が弱くなります。筋肉が弱くなると、たるみやほうれい線などの原因となり老けた印象の顔になります。

3 横向きに寝る

横向きに寝ることで、首やあご、肩、肋骨などにストレスがかかります。片側の顔に重力がかかってしまうため、できるなら仰向けに寝るようにしましょう。枕の高さがあっていないと仰向けや寝返りによる首から肩への負担が増えることがあります。

4 頬杖をつく

頬杖は肌やお顔周辺の筋肉にストレスをかける動作です。多くの場合、「片側のみ」の頬杖が癖となっているため左右のバランスも崩れやすくなっています。

5 長時間のうつむき姿勢

最近増えているのがパソコン操作やスマホ操作を長時間しているうつむき姿勢です。スマホっ首などと表現されることもあります。顔の筋肉を使うことが少なくなり、自然と緊張が減ることでたるみの原因となります。首や肩などへの負荷も増え、むくみなどの原因となることもあります。

そのほかにも様々な要因が関係してお顔のたるみが起こりますが、日常の生活を少し意識してみるだけで変えることのできる習慣もあります。この機会に自分の日常の習慣を見直してみてはいかがでしょうか?