しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

お肌がスカスカ!皮膚粗しょう症って何?

以前、某テレビ番組で話題になった皮膚粗しょう症…近年ときどき耳にする機会が増えてきていませんか?「骨粗しょう症」と響きが似ているため、なんとなくイメージがつく方もいらっしゃるのではないでしょうか?骨粗しょう症は骨がスカスカになる症状のことを指しますが皮膚そしょう症とは皮膚がスカスカになることを意味しています。具体的にはどんな症状なのか?そしてシミやシワとの関係についてお話しします。

皮膚粗しょう症の症状と原因

皮膚粗しょう症とはお肌の潤いを保つコラーゲンやヒアルロン酸といった成分が少なくなり、細胞がダメージを受け老化してしまうことでおこります。その原因のひとつが紫外線です。お肌が老化しキメが荒くなり、荒れやすくなっている状態のことを総称して皮膚粗しょう症と表現します。

皮膚粗しょう症が起こった肌では潤いがなくなり、シミやシワができやすくなります。また乾燥やたるみ、毛穴の開きなどいろいろな肌トラブルを引き起こしてしまします。

皮膚粗しょう症を予防するために

皮膚粗しょう症を予防するために必要なことは原因となる紫外線を予防することから始まります。日焼け止めなどのUVケアをはじめ、日傘、ストールなどで散乱している紫外線対策を行いましょう。また、外からの対策だけでなく内側からの対策も有効です。健康的なお肌を作るためのたんぱく質やビタミン、鉄分などをバランスよく摂取するよう心がけましょう。状況によってはサプリメントなどを活用することもできますが、その場合は成分表示をしっかりと確認することが大切です。

ストレスフリーな生活を心がけましょう

ストレスが蓄積すると心身ともに健康が損なわれやすくなります。紫外線は気になりますが、部屋にこもってばかりではなく適度な運動、例えばウォーキングなどの有酸運動がおすすめです。また睡眠もストレスを改善するために有効です。熟睡できるよう、締め付けすぎない寝衣や適度な明かり、温度など寝るための環境作りも大切です。また、食べることがストレス発散だといっても暴飲暴食ではかえってストレスをためてしまいます。一説には腹八分目にすることで細胞の若返りに必要な成分が増えるともいわれています。