しみ専科クリニカルエステ花蔵

シミ専科コラム

あなたのシミのタイプを知ることからはじめましょう。

あなたのシミのタイプを知ることからはじめましょう。

一言にシミといってもいろいろな種類があります。原因や経過によって異なるシミに対して同じスキンケアを行っても改善はしません。いつまでも取れないと嘆く前に自分自身のシミについて見直してみることも大切です。

あなたのシミはどのタイプ?

シミの特徴

肝斑:30~40才代に特に見られる。1㎝以上の薄茶色のシミが左右対称に目の下や頬のべったりとある
遅発性両側性太田母斑:特に目の周囲に灰色~淡青褐色のあざのようなシミ。目の下のクマといわれることもある。
老人性色素班:大小いくつかの薄茶色のシミ。頬やこめかみによく見られる。早い人は20才代から見られることもある。
雀卵斑:そばかす。米粒、小豆大程度の小さなシミが顔面に多発する。5~6才くらいから見られる。

その他にいくつかのシミの原因によって複数の種類のシミが現れることもあります。

肝斑のケア

美白ケアなどを行っているにも関わらずシミが出てくる、改善しないことが多いシミです。30~40才代の女性に多く、閉経とともに薄くなるシミです。女性ホルモンが関係しているといわれています。美白ケアを行っても改善しないシミの時には専門医を受診してみましょう。肝斑の治療にはトラネキサム酸とビタミンCの服用、美白外用薬の使用が効果的です。最近ではレーザーを使用するクリニックもありますが、状態によってはシミや色素沈着を悪化させることもありますので注意が必要です。

肝斑を悪化させないために

女性ホルモンはストレスなどの影響を受けやすいためストレスをためないことが一番です。その上で、バランスのよい食生活と十分な休息に努めましょう。またUVケアも大切です。シミの原因は異なりますが、肝斑の治療を行ってもお肌へのダメージが強いと効果も表れにくくなります。日焼け対策はしっかりと行いましょう。女性ホルモンの関係する肝斑はなかなか治りにくいシミですが、適切な治療を続けることで効果が表れます。自己判断で行うのではなく専門の皮膚科、クリニックに相談をしてみましょう。

遅発性両側性太田母斑のケア

シミの多くは薄茶、褐色を帯びたものが多いのですが、遅発性両側性太田母斑の特徴は灰色~淡青褐色の色です。額、目の周り、頬にできます。多くは生後1年以内に出現しますが、20~40才代を過ぎてから出現することも珍しくありません。太田母斑自体は片側にできることが多いですが、中年以降は両側性に症状が見られる遅発性両側性太田母斑のことがあります。目の下のクマと受け止めている方もいます。生まれつき色素を作りやすくなっている部位があり、加齢やホルモンバランスの崩れ、過剰なスキンケアなどによって悪化すると考えられています。

 

遅発性両側性太田母斑を悪化させないために

通常のシミよりも深い真皮層に起きているシミです。治療法によっては症状を悪化させるため注意が必要です。日常的なケアとしてはUVケア、日焼け予防が必須です。同時に真皮に働きかけるレーザー治療を必要とすることがあります。

老人性色素班のケア

薄茶色の境界線のはっきりと分かるという特徴があります。長年浴び続けた紫外線が原因とされています。日本人の肌の場合40才前後から現れやすくなります。早い方では20才代から見られることもあります。一般的に「シミ」というのはこの老人性色素班のことをあらわしています。日常的に浴びた紫外線が蓄積した結果現れるため、すぐには改善しないシミです。日ごろからきちんと紫外線対策を行うことが大切です。

老人性色素班を悪化させないために

日常的に浴びている紫外線はお肌の老化を引き起こします。紫外線対策をしっかりと行いましょう。また加齢によってお肌のターンオーバーがうまくいかないときにもメラニンが過剰に作られ排出されず蓄積されます。治療としてはメラニンをブロックするハイドロキノンクリームやメラニン排出機能を高めるレチノイン酸クリームの外用薬などがあります。美容クリニックではメラニンの黒い色素に反応する光をあてて治療するレーザーなどもあります。

雀卵斑のケア

一般的にソバカスといわれます。多くの場合、遺伝的な原因があることが多いシミです。色白の方に見られやすいという特徴を持っています。メラニンの量が関係しており日本人の肌質はソバカスよりシミになりやすいとされています。一般的なシミに比べると治療期間が長くなる傾向があります。子供のころから出てくる症状であるため、幼少期からの紫外線対策が必要です。家の中にいても紫外線を浴びていることがあるため日常的なケアを必要とします。

雀卵斑を悪化させないために

日常的なUVケアが必要です。外出時は日焼け止めクリーム、帽子、日傘などを使用しましょう。美容クリニックではレーザー治療で対応するところもあります。放置すると少しずつ濃くなるので注意が必要です。きれいに消すには時間がかかることが多いようです。